利用規約

株式会社ニッポン放送(以下、「当社」といいます)が運営する、「ニッポン放送モバイル」(以下「本サービス」といいます)をご利用になる場合は、月額308円(税込)をお支払い頂くことにより、ご利用可能となります。なお、サービスによってはご利用期間が定められている場合があります。当サービス内の所定ページをご確認ください。

1 利用者は、本規約を誠実に遵守し、本サービスを利用してください。
2 当社は、利用者への事前の通知なく本規約の内容を変更できるものとします。
3 有料コンテンツ・サービス(以下「有料サービス」といいます。)の利用については、別途、当社所定ページまたは第三者所定ページをご確認ください。
4 利用者が未成年者である場合は、親権者など法定代理人の同意(本規約への同意を含みます)を得たうえで本サービスを利用してください。また、有料サービスに同意した時点で未成年者であった利用者が、成年に達した後に本サービスを利用した場合、未成年者であった間の利用行為を追認したものとみなします。3 有料コンテンツ・サービス(以下「有料サービス」といいます。)の利用については、別途、当社所定ページまたは第三者所定ページをご確認ください。(未成年者は法定代理人の同意を得た上で有料コンテンツ・サービスの購入を行うものとします。)
5 有料サービスにかかる情報料の支払いは、利用者が選択した支払方法に従います。
①クレジットカードによる支払いの場合
・情報料は、毎月指定の口座より決済致します。決済日時はクレジットカード各社指定日時となります。
・利用者から当社に提供されるクレジット情報については、当社は、厳に管理するものとし、情報料の集金に関する目的にのみ使用します。
・クレジット契約者と当該クレジット会社の間で紛争が発生した場合には、当該当事者双方で解決するものとし、当社には一切責任がないものとします。
②キャリア決済による支払いの場合
・情報料は、通信事業者または当該通信事業者が指定するその他通信事業者(以下併せて「キャリア」といいます。)が当社に代わり毎月の電話料金と併せて請求させていただきます。(情報料については、当社に代わってキャリアが収納代行を行うことを承諾していただきます。)。
・キャリアの定める情報料の支払期限を過ぎても情報料の支払いがない場合、キャリアが当社に利用者の氏名、住所、連絡先電話番号、利用時期および利用金額を通知することを承諾していただきます。これを受けて当社は利用者に対し情報料の支払請求ができることとします。
6 当社の故意または過失によりお客様に損害が生じた場合を除き、既に支払われた情報提供料は返還しません。
7 本サービスの利用にあたり通信が発生する場合には、通信事業者所定の通信料が別途かかります。
8 利用者は当社からIDおよびパスワード等が付与された場合、これらを第三者に開示・漏洩することのないよう注意して取り扱ってください。IDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者使用等による損害について、当社は責任を負いません。
9 本サービス(本サービスにて提供するコンテンツ含みます。)に関するすべての著作権(編集著作物に対する権利を含みます)は、当社もしくは当社がライセンスを受けた第三者に帰属します。利用者がダウンロードしたコンテンツは、利用者のみが利用可能であり、かつ私的利用に限られるものとします。
10 利用者は、本サービスの利用にあたり、以下に該当する行為およびその恐れのある行為を行なってはなりません。
(1)本サービスで利用しうる情報の改ざん
(2)当社および第三者の著作権を侵害し、または侵害する恐れのある行為
(3)有害なコンピュータプログラム等の送信および書き込み
(4)当社もしくは第三者を誹謗中傷し、または名誉を傷つける行為
(5)プライバシーを侵害し、または侵害する恐れのある行為
(6)公序良俗に反する行為またはわいせつな文書や図画を他人に公開する行為
(7)営利を目的とした行為
(8)宗教活動および政治的勧誘に該当する行為
(9)本サービスの運用・利用を妨げる行為
(10)その他、法令に違反する行為または違反する恐れのある行為
11 当社は、利用者に事前の通知をすることなく本サービスの内容の一部または全部を変更、ないしは本サービスの提供を終了することがあります。
12 当社は、運用上あるいは技術上の理由から、利用者に通知することなく一時的に本サービスの提供を中断し、または利用の制限をすることがあります。また同様の理由から、本サービスの提供に遅滞を生ずることがあります。
13 通信環境、利用者の端末環境その他の理由により本サービスが正常にご利用いただけない場合があります。
14 当社は、本サービスの内容の充実や提供される情報の正確性等についていかなる保証も行なうものではありません。
15 利用者が本サービスの利用にあたり損害を被ることがあっても、当社は責任を負いません。なお、当社の故意または過失に原因がある場合は、当社は利用者に対し、その対象期間に該当する本サービス利用料を賠償します。
16 利用者は以下に記載する反社会的勢力ではないことを表明いただきます。
(1)利用者は、現在および将来に亘って次の各号のいずれか一にも該当しないことを表明し、確約します。
①暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロまたは特殊知能暴力団、その他の反社会的勢力(以下、「反社会的勢力」という)であること。
②反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していること。
③反社会的勢力を利用して、業務を妨害し、またはその恐れのある行為もしくはその他の不正行為をしていること。
④反社会的勢力を利用して名誉や信用等を毀損し、またはその恐れのある行為をすること。
⑤反社会的勢力を利用して詐術、暴力行為もしくは脅迫的言辞を用いること。
⑥自らが反社会的勢力である旨を伝え、または関係団体もしくは関係者が反社会的勢力である旨を伝えること。
(2)利用者、相手方が、前項の確約に反したことが判明した場合には、相手方に対して何ら催告することなく本規約を解除することができるものとします。
(3)前項により利用者が本規約を解除した場合、当該解除に伴い損害が生じても、これについて一切の賠償責任を負わないものとします。
17 本サービスに関し利用者と当社との間で紛争が生じた場合の準拠法はこれを日本法とし、専属合意管轄裁判所は、訴額に応じて東京簡易裁判所あるいは東京地方裁判所とします。